営業
時間
9:00 |17:00
定休日
火曜日
※祝日を除く・代休あり

MENU(OPENCLOSE

うまや人

2019
5/16
ひろコラム12(馬のリーダーになる1)

先週、今週と2週連続で講習会に勉強しにいってきて、講師の方は違いますが、たまたまどちらもナチュラルホースマンシップの内容でした。なので、今回は普段から自分も大切にしていることと、習ってより理解を深められた事から書きたいと思います。

それは、普段馬と接しているときも、乗馬の時においても
 人が馬のリーダーになることが大事!
ということです。

よく似たようなニュアンスで、馬に負けてはいけないとか、わがままを許してはいけないとかを耳にしますが、ある意味大きな範囲で言えば同じになるかもしれませんが、どちらかというと馬に対して高圧的な感じがします。簡単に言えば、痛みと恐怖で支配するニュアンスが強いです。
一方で、ただかわいがって、ほめるだけではみなさん経験があるかたも多いと思いますが、好き勝手されて時には危険な状況になったりします。
リーダーになるという感じはいろいろ考えるうえで、とてもしっくりきます。

みなさんご存知の通り、馬は群れを成している生き物です。その中にはボス(リーダー)がいて、序列があって、大人と子供がいます。ボスがそこのルールのもと群れを統括していて、行く方向とスピードをコントロールし、群れの馬達に安全と、快適な状況を作っています。

ということは、馬に接したり乗るときも、馬と人の間に決まったルールをしっかりと設定し、そのルールを守りながら人といれば安全で快適という状態のもと、行きたい方向とスピードを馬に伝えることをすればリーダーになれる!ということです。
馬は草食動物で、餌よりもかわいがられることよりも、出来るだけ身に危険のない安全な環境や感情をまず求めていて、それが一番快適や安心なことで求めていることです。そしてそれを提供してくれる(自分を守ってくれる)人に信頼や従順性をしめします。それと同時に、母馬が仔馬に持つ愛情もとても大切です。母馬はかわいがるだけでなく、生きていく方法やルールをちゃんと仔馬に教えていきます。

そんなの難しくてできるか!やりたいけどわからない!という声が聞こえてきそうですが、実はそんなに難しいことをするわけではないんです。普段から、本当にささいなことをするときでも、この発想をもって馬と接しているかどうかだけなんです。

長くなってしまったので、続きはまた次回にします。
馬との関係づくりは、馬房から始まっている!

※これらひろコラムの内容はわたくしの個人的な見解が多いです。ご了承の上
 暖かい目で読んでください。


ひろコラム12(馬のリーダーになる1) はコメントを受け付けていません。   |   カテゴリー: ひろコラム

サイトマップ(OPENCLOSE

top