営業
時間
9:00 |17:00
定休日
火曜日
※祝日を除く・代休あり

MENU(OPENCLOSE

うまや人―2019年5月

2019
5/30
ひろコラム14(ゆずりが大事)

今回は、ゆずりについて書きたいと思います。

馬に何かを求めるために合図をしたとき、馬が正しい反応をしたときには必ず合図をそれ以上しないでゆずる(解放、元の状態に戻る)ことが大切です。

わかりやすく簡単な例で言うと、馬を停止もしくはゆっくりにしたいとき、手綱を引いて合図をするとします。(正確には正しい扶助の仕方が必要ですが、ここではわかりやすく引くとします。)それに対して馬が停止もしくはゆっくりになった場合、その合図からの解放が基本です。必ず引く前の状態に戻ってあげる必要があります。引くのをやめるということですが、その後手綱をもとの状態よりゆるめるということではないので間違えないようにしてください。もしそうしないで引き続けた場合、後ろに下がったり、止めるつもりでないのに止まったりしてしまいます。また、何をしたらいいのかわからずに、馬が怒り出したりします。
これはわかりやすい例なので、当たり前だと思う人も多いかもしれません。でも馬が停止した後、また勝手に馬が動きそうで、強くはないとしても引き続けていたり、いつでも強く引けるように腕に力を入れていたりしてしまうことはよく目にします。でもそうしないと動いてしまうじゃないかという声が聞こえてきそうですが、もしそうなってしまうのであれば、馬と人の合図の決まりごとがちゃんと成立してない状態です。動くにしても、動きそうにしても、必ず一回ゆずってからまた停止の合図をすることが大切です。特に馬が興奮してるとき、抑えようと引き続ければ引き続けるほど興奮してきて跳ねたり勢いよく走ろうとしてくる経験をしたひともいると思います。気持ちはよくわかります。

馬とは合図を通じて、会話をしていくことが大切です。馬に対してゆずるという行為は、馬に対してそれでいいんだよ、正解だよと教える意味を持ちます。そうすると馬はそれをすると楽になるので、どんどんと軽い扶助で反応したり、合図を理解していきます。

これは、脚を使うときでも、馬の体制をとるときにも、馬のお手入れの時にも引馬の時にも、基本的には常に一緒です。

それぞれのことも、今度書ければと思います。

ゆずりは、合図することと同じぐらい、それ以上かも、大切です!

※これらひろコラムの内容はわたくしの個人的な見解が多いです。ご了承の上
 暖かい目で読んでください。


ひろコラム14(ゆずりが大事) はコメントを受け付けていません。   |   カテゴリー: ひろコラム

2019
5/23
ひろコラム13(馬のリーダーになる2)

前回の続きです。今までの内容とも重複すると思います。

前回、ルールを明確にすることが大切ということを書きましたが、特にこうしなければいけないというものは本来ありません。もちろん、馬の性質をふまえて安全で馬に負担が大きくないものにする必要はあります。
例えば、多くの方は蹄の裏をお手入れするのに、脚を軽くポンポンと叩いて脚をあげてもらっていると思います。何でそれをするかというと、そうしたら脚を上げるという人と馬のルールが決まっているから上げてくれるのです。新馬に同じことをしても上げてくれません。クラブの馬の場合は、不特定多数の人が扱うのでクラブのルールが必要ですが、仮に自馬だったら、それである必要はなく、2人の中でわかるルールにしてもいいのです。そこには、人がリーダーであるという前提が必要ですが。

乗っているときも同じです。脚を使って馬のおなかを圧迫すると馬が進む、早くなるというのもルールがあるから動いてくれるのです。強く使うから動くのではなくて、軽い力でもちゃんとお互いの決まりごとができていれば、それで十分になります。軽い力で動くのを馬にわかってもらうために強い合図が必要となってきます。

どのようにルールを構築していくかはまたの機会にします。

乗るだけでなく、その前の関係作りが非常に大切です!

そのためのコースか講習会を今度開催したいと思います。

※これらひろコラムの内容はわたくしの個人的な見解が多いです。ご了承の上
 暖かい目で読んでください。


ひろコラム13(馬のリーダーになる2) はコメントを受け付けていません。   |   カテゴリー: ひろコラム

2019
5/16
ひろコラム12(馬のリーダーになる1)

先週、今週と2週連続で講習会に勉強しにいってきて、講師の方は違いますが、たまたまどちらもナチュラルホースマンシップの内容でした。なので、今回は普段から自分も大切にしていることと、習ってより理解を深められた事から書きたいと思います。

それは、普段馬と接しているときも、乗馬の時においても
 人が馬のリーダーになることが大事!
ということです。

よく似たようなニュアンスで、馬に負けてはいけないとか、わがままを許してはいけないとかを耳にしますが、ある意味大きな範囲で言えば同じになるかもしれませんが、どちらかというと馬に対して高圧的な感じがします。簡単に言えば、痛みと恐怖で支配するニュアンスが強いです。
一方で、ただかわいがって、ほめるだけではみなさん経験があるかたも多いと思いますが、好き勝手されて時には危険な状況になったりします。
リーダーになるという感じはいろいろ考えるうえで、とてもしっくりきます。

みなさんご存知の通り、馬は群れを成している生き物です。その中にはボス(リーダー)がいて、序列があって、大人と子供がいます。ボスがそこのルールのもと群れを統括していて、行く方向とスピードをコントロールし、群れの馬達に安全と、快適な状況を作っています。

ということは、馬に接したり乗るときも、馬と人の間に決まったルールをしっかりと設定し、そのルールを守りながら人といれば安全で快適という状態のもと、行きたい方向とスピードを馬に伝えることをすればリーダーになれる!ということです。
馬は草食動物で、餌よりもかわいがられることよりも、出来るだけ身に危険のない安全な環境や感情をまず求めていて、それが一番快適や安心なことで求めていることです。そしてそれを提供してくれる(自分を守ってくれる)人に信頼や従順性をしめします。それと同時に、母馬が仔馬に持つ愛情もとても大切です。母馬はかわいがるだけでなく、生きていく方法やルールをちゃんと仔馬に教えていきます。

そんなの難しくてできるか!やりたいけどわからない!という声が聞こえてきそうですが、実はそんなに難しいことをするわけではないんです。普段から、本当にささいなことをするときでも、この発想をもって馬と接しているかどうかだけなんです。

長くなってしまったので、続きはまた次回にします。
馬との関係づくりは、馬房から始まっている!

※これらひろコラムの内容はわたくしの個人的な見解が多いです。ご了承の上
 暖かい目で読んでください。


ひろコラム12(馬のリーダーになる1) はコメントを受け付けていません。   |   カテゴリー: ひろコラム

2019
5/9
ひろコラム11(一緒に、同時にに考える)

前回の内容と同じになりますが、1つのことだけにこだわらないようにするために、一緒に(同時に)考える癖をつけていくということについて書きたいと思います。

人それぞれダメだと思っていても、どうしてもなってしまう癖みたいなものがあると思います。それらについて原因をさぐり、改善していくということはもちろん大切で必要となりますが、そのあとしばらくは何かするときにすぐに同じ癖が出てきてしまうものです。そして、その癖によってなりやすいタイミングがあったりします。
例えば、右脚を使いたい時に体が傾く(おしりがずれている)。脚を強く使うとき、体が前や後ろに傾くまたは拳や腕が硬くなったり高くなるなど。

なので、そうなりやすい人は、右脚を使いたい時にお尻(騎座)から気にしながら(真ん中にいるようにしながら脚というようにセットで考える)使うという発想を持てるように練習していく。馬を元気にしたいときこそ上半身をリラックスなど、セットに考えながら練習する、癖づけていくことがいいのです。もちろん毎回上手くいかないでしょうが、頑張って習慣づけていくとあまり考えようとしなくても、なんとなく気になるようになってきます。

いろいろなパターンがあり、どれを気にした方がいいのかはインストラクターのアドバイスが必要になります。すぐにできなくても気にしないで、10回に1回上手くいったのが、そのうち5回に1回、2回に1回と良くなっていけばいいので、焦らず続けていってみてください!

※これらひろコラムの内容はわたくしの個人的な見解が多いです。ご了承の上
 暖かい目で読んでください。


ひろコラム11(一緒に、同時にに考える) はコメントを受け付けていません。   |   カテゴリー: ひろコラム

サイトマップ(OPENCLOSE

top